国際支援物流

  開発途上国へ"愛"を届ける国際貢献の一端を担う

放置自転車を東南アジア・アフリカ・中南米へ

10~20キロも歩かなければ薬や医療に関する情報やサービスが手に入らない事が乳児や妊産婦の死亡が減少しない要因のひとつになっています。

到着した自転車は医療機関のスタッフに渡され「命の足」、「二輪救急車」、「動く薬局」等と呼ばれ活躍しています。

思い出のランドセルをアフガニスタン・モンゴルへ

教科書やノートを布に包んで片道10キロ以上離れた青空教室まで通学する現地の子供たち。

日本の小学生が卒業後使わなくなったランドセルをひとつでも多く贈り現地で役立たせる事業です。


  開発途上国へ"愛"を届ける国際貢献の一端を担う

途上国への支援物資の輸送

ユニクロ商品のリユース→アフリカ諸国へ!
中古ランドセルをアフガニスタンの子供たちへプレゼント
放置自転車を再生後、東南アジア、アフリカへ!
海外の子ども達に車椅子を寄贈!
パラオ廃棄タイヤの輸入~再資源化のサポート(環境大臣許可)
横浜倉庫での貨物の仕分~保管管理

上記事業は以下団体等より物流部門を弊社が請負っております。

  • 公益財団法人ジョイセフ
  • 株式会社ファーストリテイリング(ユニクロ)
  • 公益財団法人自転車駐車場整備センター
  • 再生自転車海外譲与自治体連絡会(MCCOBA)
  • NPO法人 海外に子ども用車椅子を送る会
  • パラオ共和国政府との共同作業

途上国への支援物資の輸送